作家詳細

マーガレット・ウェイ
マーガレット・ウェイ
Margaret Way

ハーレクイン・イマージュで活躍している作家。オーストラリア出身。ストーリー運びのうまさには定評がある。 ●インタビュー● ◆書くこと、読むことについて…… Q.作家であることの魅力は? A.喜びとくつろぎを読者に提供できること。 Q.嫌なことは? A.ありません。 Q.小説を書くときにお気に入りの舞台や設定は? それはなぜ? A.オーストラリアの奥地(アウトバック)。他にはけっしてない設定だから。 Q.お気に入りの自作は? A.最新作。 Q.愛読書を5つ挙げるとしたら? A.(子ども時代に読んだL・M・モンゴメリーは全部!) 『戦争と平和』(レオ・トルストイ) 『ジェーン・エア』(シャーロット・ブロンテ) 『高慢と偏見』(ジェイン・オースティン) 『小さきものたちの神』(アルンダティ・ロイ) 『レベッカ』(ダフネ・デュ・モーリア) Q.これから作家になろうという人にアドバイスを。 A.全身全霊を傾けてください。 Q.書き始めたのは? A.息子を出産するとき、友人が産院にミルズ&ブーン ロマンス(イギリス版ハーレクイン・ロマンス)を山のように持ってきました。それを全部読んで「私にもできる!」と思い、実行したのです。 Q.ロマンス作家として最大の目標は? A.祖国オーストラリアの素晴らしさを世界中に知ってもらうこと。ファンの方々に喜んでもらうこと。 Q.作家として最大の喜びは? A.自分自身を表現すること。 ◆ロマンスについて…… Q.最高にロマンティックな食事とは? A.ピザ。向かいに座る人に恋したなら。 Q.好きなロマンス映画は? A.『風と共に去りぬ』 Q.好きなロマンス音楽は? A.『献呈』(シューマン) Q.これまでにしてもらったこと、もらったプレゼントで最もロマンティックだったのは? A.お気に入りのレストランで食事をするために、ブリスベンからシドニーまで、飛行機に乗せてもらったこと。1000キロ以上あります。 Q.読者がロマンティックに暮らすためのアドバイスを。 A.想像力を駆使すること。それを怠ってはなりません。 Q.これまでで最もロマンティックだった場所は? A.香港のリージェント・ホテル。 ◆自分自身について…… Q.書くこと以外に欲しい才能は? A.絵の才能。 Q.尊敬する人は? それはなぜ? A.エレノア・ルーズベルト。自身が素晴らしい「公人」であると同時に、人権問題の優れた活動家でもありました。 Q.お守りや信じている迷信は? A.ありません。 Q.「やめられないもの」をひとつ教えてください。 A.ロシア産のキャビア。 Q.男性に求める資質とは? A.寛大さ。 ずっとやりたいのに、やってみる勇気がないことは? スキューバダイビング。 Q.作家でなければ何をしていましたか? A.プロの音楽家。 Q.座右の銘は? それは誰の言葉ですか? A.「千里の道も一歩から」(孔子) Q.時間があるときの過ごし方は? A.庭で過ごす、美術鑑賞、友人とお茶。

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
PAGE TOP